〒047-0157 小樽市船浜町8番31号
TEL:0134-54-7979
FAX:0134-54-7980
ホーム

10月3連休・・初日G漁港、二日目G漁港、三日目紋別港

天候に恵まれた、3連休。
浮き沈みが激し釣りとなりました。

初日。
めっきり夜明けが遅くなった。
寒さが増すと、釣り人の数も少なくなり、早起きの必要がなく、5時少し前に目覚ましを掛け釣り場へ・・
すでに釣り場には釣友の梅本君、塚原さん、武田君、植田さん、梶原さん、坂本さんが思い思いのポイントで準備を開始中。
港内ではサケのジャンプが頻繁に始まっていて、サケも釣り人もやる気モードup
浮きフカセ釣りなので、薄明るくなるまで様子を見ることにし、ゆっくりと準備を開始。

全体を見回すと大半の釣り人が港内側へキャストしている。
私も港内で竿を出すつもりで準備を終えたが、釣り人が少ない外海が気になり、好きなところに入れる外海側へ向かった。
階段を上がり、海を見渡すと前日のうねりもなくなり、数匹のサケのジャンプが・・・・・

隣に入った、梅本君はいきなり、良物をゲット

外海側のほぼ中央で釣りをすることにし、タモをつなぎ終えて準備終了。
30mほど離れた右側には梶原さんが入り第1投を投げ終えた。

完全に明るくなってから、私もウキフカセで第1投。
仕掛けに『遠投自立ウキ8号』をセットし、エサは『エビちゃん:えび粉赤エビ』
・・・・・
早速テンションupが逆転した???
なぜか???
投げてすぐに周りを見渡してしまい、糸ふけを取るのを忘れていた・・・
大きくたるんだPEラインは昆布とテトラに巧みに絡み合い???
プツリ・・・
使い込んだ8号ウキよ「さらばだ・・・」
仕掛けもエサも付いている「誰かに拾われて、立派なサケを釣らせてやってくれ・・・」

私のトラブルの間に梶原さんは良物を

しかし、まだまだ初日。
気を取り直して準備を開始。
PEライン1.2号に、ショックリーダー6号のナイロンラインを付け、
「これがなかなか面倒で、釣り場ではやりたくないのだが・・」
目の前で梶原さんが2匹目を釣り上げているのを見ると、そんなことは言ってはいられない。

やっと準備を終え、予備の8号ウキをセットし、第2投目を投げた時には梶原さんは3本ゲット!!!

時間はかかったが、私もやっと1匹目を頂戴した

しかし、・・・・・
釣り場がすいていたため、釣り仲さん達は遠く・・
タモ入れは自分・・
自分でタモ入れをするのは楽しいのだが・・
持ち上げるときに、新品のウキを引っかけてしまい・・
テトラの隙間に落としてしまった・・
開始30分で2本のウキをロス・・
釣りは始まったばかり、明日も明後日も釣りがしたい・・
この先が心配だ・・
「神様、お願い、幸運を・・」

神様に願いが通じたか??

1匹目を釣り上げ、再度ウキをセットしていると、梶原さんのさらに右側でハネが頻繁に始まった。

不運なポイントを後にして、40mほど右に移動。
そこからドラマが始まった・・・・・

ほどなくして、2本目、3本目。
その時点で梶原さんは4匹ゲット。

二人で数匹を確保したため、回りには釣り人が増え始め、梶原さんは小休止。

私は休まず竿を出し続け、4匹目、5匹目。

今日も『エビちゃん』は大活躍だ。

釣り場で、声を掛けられた佐藤さんと川上さんも間に入って、すぐに1匹ずつをゲットし写真を撮らせていただいた。

私は順調に・・順調に・・釣れ続け二桁の大台に・・

梶原さんは、混雑を避け別ポイントに行き、そのまま終了。

更に、私は順調に・・順調に・・釣れ続け
午前中で15匹。
初日からこんなに釣れて・・
まだまだ、釣れそうな感じがしたが・・
処理も大変だし、発送もあるので、まずは終了。

使ったエサはすべて『エビちゃんで』
『えび粉赤エビ』が2パック
『にんにく赤エビ』が3パック
どちらもよく釣れます。

その後、夕方の1時間、斜路で竿を出したが、頻繁にハネがある中、静かに終了。

初日は谷底から一気に頂上へ登りつめた感じで大満足の一日でした。

初日。
梶原氏 4本
坂本氏 2本
植田氏 2本

北部在住の方々は早朝だけの釣りで
梅本氏1本
塚原氏2本
河合氏の子供1本

私は幸運に恵まれ・・15本
・・・・・・・・

2日目

一転して食い渋りの中、佐藤氏が良物をゲット

2日目は日曜日。
釣り人の数が増えると予想し、少し早めに起き、2日目から合流の佐藤氏と森永親子とポイントへ向かった。

前日と同じポイントへ入りたかったが、すでに先客がいたため、中央部より手前で竿を出すことに・・
手前から、森永父、森永大輔、佐藤氏、そして私。
前日の私の話を聞き、大輔君と佐藤氏はまだ暗いうちから竿を出し、戦闘モード。

突然、大輔君の竿が弧を描き幸先よくサケをゲット。
皆、気合が入り、全員竿を出しウキに注目・・


しかし・・・
その後は忍耐釣りに一転し、誰も釣れず・・
時間だけが過ぎ・・
場所を何度も移動するが・・・
私は朝からボ○○?

そんな中、辛抱強く粘り、竿を出し続けていた佐藤氏が、銀ピカをゲットしテンションup。

ポイントを覗くと、数匹のサケが回遊し始めていて、釣れそうな予感が・・

森永父、『やっぱりサケ釣りはおもしろい!』

その後、私も佐藤氏の隣に入り1匹目をゲット。
別ポイントにいた森永親子を呼び寄せ、それそれヒット。

私は同ポイントで3匹をゲット
佐藤氏も3匹をゲット。
森永父も2匹をゲット。

大輔君は、3匹をゲット。
2日目は辛抱の釣りだったが、全員ゲットでき一安心だ。

3日目

3日目は、佐々木氏が待つ紋別へ移動。
神谷氏とも合流し、
佐々木氏、高井氏、中村氏等々久しぶりの面々と釣行開始。

さすがは紋別。
サケの群れは半端な群れではなかった。

いたるところでサケが跳ね、乱舞。



しかし・・・
なかなか食わない??
数か所の場所を移動し、たどり着いたのは港内奥側。

ここで、高井氏は良型をゲットし、数回のバラシも・・

大輔君もゲットし、流石。

名人、佐々木氏も良型をしっかりとゲットし写真のポーズも名人級。



私は・・
2バラシで終了。

私の3日間は
初日15匹で大大大満足。
2日目3匹で?????
3日目0匹で?????

次回はまた谷底からです???

See video
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ

前後に投稿された記事:

2011-10-07 (金)
10月7日(金)  紋別鮭釣り
2011-10-09 (日)
10月3連休・・初日G漁港、二日目G漁港、三日目紋別港
2011-10-10 (月)
「ハモ」釣りして帰りに「サケ」釣ってきました。
<a href="http://www.otaru-houmura.com/bait/エビちゃんシリーズ『えび粉赤エビ』">エビちゃんシリーズ『えび粉赤エビ』</a>
サケの本能を喚起して喰い気を誘う!
<a href="http://www.otaru-houmura.com/bait/エビちゃんシリーズ『にんにく赤エビ』">エビちゃんシリーズ『にんにく赤エビ』</a>
サケの本能を喚起して喰い気を誘う!
<a href="http://www.otaru-houmura.com/misc/サケ・カラフトマス専用ウキ-『キャストフロート:シリーズ』">サケ・カラフトマス専用ウキ 『キャストフロート:シリーズ』</a>
サケ・カラフトマス:ウキフカセ釣り専用 ウキ、ウキ&仕掛セット、ワンタッチ取り替え針の3アイテムが新登場!!