〒047-0157 小樽市船浜町8番31号
TEL:0134-54-7979
FAX:0134-54-7980
ホーム

厳しい状況の中での貴重な1匹!

17日夜より釣友の松前さん親子とカラフトマスGETの旅に出かけてました。 

あまりいい状況ではなく、非常に厳しい釣りになった。

18日朝、始めに紋別の藻別川河口を見に行きましたが雨の影響で川は濁り増水していた。
せっかく来たので河口から少し離れた場所で釣りを始めたが全く魚の気配がなく場所移動!

第3防波堤に移動し釣り人は居ましたが釣れてる様子はなかった・・・
ここもダメか~次の場所へ

卸西川河口海岸へ。

河口からかなり離れた場所に釣り人がいて2匹のカラフトを手にしていたので、ここで少しやってみたが群れが少ない状態で効率の悪い釣りになりそうなので即終了。

ここで昼になったので焼肉タ~~イム♪

ビ~ルを飲みながらの焼肉はやっぱ最高ですね☆

次々と焼肉を食べる男達3人

写真3枚目、人間をも惹きつける脅威のエサ『薄造りシリーズ:カツオ』
焼肉と共に焼いて食べるところでしたぁの写真www

腹ごしらえもして少し仮眠をとり夕方に元沢木に行くがここもダメ! 

ここまで釣果なしはさすがに辛い・・・

ってか、魚が居ない><

ゆっくり温泉に入り疲れた体を癒し明日に期待することにして音標漁港にて早目に就寝することに。

雨が激しく降り翌朝の天気が心配でした。

目ざましを3時半にセットして起きたのが5時半www

完璧やる気なしですね><

外坊の先端に行き港内を見渡すも群れの姿は確認できず、遠くに音標川の河口に釣り人が数人見えたので偵察に向かった。

6名程いてフライで1匹ルアーで1匹、今まで行った中で一番釣れていた。

今回それだけ厳しい条件です。

ここだけは川も濁りがなくカラフトの群れも確認できたので、時間的に出遅れがちでしたが釣り開始。

ここで今年新たに発売された「ホウムラの遠投自立ウキ」6号を使用した。
波がある程度あっても海面から出る部分に蛍光塗料の見やすい三段目盛りが塗装されており、微妙なサケのアタリを遠くから確実に察知でき、とてもいい製品となっている。

エサは焼肉と間違えた『薄造りシリーズ:カツオ』+カットにんにく赤イカを使用した。

時間が経つにつれてカラフトの群れがどんどん寄ってきた!

しかしなかなか釣れない・・・

色々と試行錯誤しながらウキに集中!

左から右に流れていたウキが止まり、ひと目盛り沈んだ!

軽くアワセをいれフッキングに成功(*´∀`*b)

まわりに人がいるのでカラフトの引きを楽しむ間もなくメスのカラフトをすんなりGET!

しかし、今回の釣行では貴重な1匹となったので嬉しかったです。

続けて松前さんもオスのカラフトをGET!

2人共ボンズは間逃れたので、ヨシとしよう☆
 
最後に松前さん、息子のいお君と記念写真を撮り、厳しい釣りではありましたが楽しい釣りの思い出となりました。

にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ

前後に投稿された記事:

<a href="http://www.otaru-houmura.com/bait/カットにんにく赤イカ(要冷凍)">カットにんにく赤イカ(要冷凍)</a>
にんにくがサケ・カラフトマスを魅了
<a href="http://www.otaru-houmura.com/misc/サケ・カラフトマス専用ウキ-『キャストフロート:シリーズ』">サケ・カラフトマス専用ウキ 『キャストフロート:シリーズ』</a>
サケ・カラフトマス:ウキフカセ釣り専用 ウキ、ウキ&仕掛セット、ワンタッチ取り替え針の3アイテムが新登場!!
<a href="http://www.otaru-houmura.com/bait/薄造り“カット”えび粉塩カツオ">薄造り“カット”えび粉塩カツオ</a>
薄造りシリーズが進化!使いやすいカットタイプ