〒047-0157 小樽市船浜町8番31号
TEL:0134-54-7979
FAX:0134-54-7980
ホーム

10月の後半戦は、悪天候のオホーツクを避け、最北の地『稚内』でサケ狙い

10月22日(土)から、西稚内漁港でサケを狙い竿を出したが、
寒さと、一人釣行、雨 で、意気消沈。パットやる気も出ずボウズにて終了。

翌、23日(日)は、釣り仲と合流し、全員サケをゲット!!

オッ!
新聞に私が!

早朝5時30分に目覚ましをかけ起きるが、車内は寒くまずはエンジンを掛け車内暖気。
森永親子はすでに準備を開始中。
車内が暖かくなったところで、着替えて窓から外を見ると、森永哲夫さんの足元にはヒットしたサケが1本!!

釣れるとなれば気合が入り、防寒着を着ていざ外へ!
風!強!寒!
車が風上になるように横付けして、風を避けての釣り開始。

森永大輔君もヒット良型のメス!

サケ釣りも終盤になればなるほど、ウキフカセが有利になるので、
森永親子も当然ウキフカセ釣行。

『キャストフロート』をセットし、エサは二人とも『エビちゃん:にんにく赤エビ』
タナは1.2mとやや浅め!
薄暗い早朝から目の前で頻繁にサケの跳ねやモジリがあったため、タナは浅めの1.2mが的中。

私も、サケが目の前でジャンプを繰り返していたため、
遠投の必要がなく、少しでもウキの感度が良くなるようにと、

『キャストフロート:6号 M』をセットして15mほどキャスト。
エサは、最近使用頻度を高めた『エビちゃん:悪魔にんにく黒エビ』
タナは釣れたタナに合わせて、1.2m

港内では多くのサケが回遊していて、足元の岸壁沿いを群れで回遊するものや、中間部で背びれを出して泳ぐもの、
ジャンプを繰り返すものも多く、相当数のサケがいると思うが、ほとんどがエサには見向きもせず、通り過ぎるものばかり。
そんな中でも、針り掛りするサケはやっぱり銀毛のもの!
粘れば釣れるんですよ!

私の釣ったメスも、まだ色は銀色に近く、食い気がありましたね~

と、言う事で・・・
取材もされて、道新スポーツの釣りコーナーにも出てました。

もう少し、稚内方面でもサケ釣りが楽しめそうですよ!

今後は、太平洋道南方面もいいシーズンを迎えます!
もう少し、サケを狙って頑張りたいですね~~!

にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ

前後に投稿された記事:

2016-10-13 (木)
10月の3連休
2016-10-28 (金)
10月の後半戦は、悪天候のオホーツクを避け、最北の地『稚内』でサケ狙い
2016-11-03 (木)
鮭釣り・終盤戦ですが、楽しんできました。
<a href="http://www.otaru-houmura.com/bait/エビちゃんシリーズ『にんにく赤エビ』">エビちゃんシリーズ『にんにく赤エビ』</a>
サケの本能を喚起して喰い気を誘う!
<a href="http://www.otaru-houmura.com/bait/エビちゃんシリーズ『悪魔黒エビ:にんにく黒』">エビちゃんシリーズ『悪魔黒エビ:にんにく黒』</a>
爆釣の『悪魔黒エビ』に、にんにくタイプが登場!
<a href="http://www.otaru-houmura.com/bait/カットにんにく赤イカ(要冷凍)">カットにんにく赤イカ(要冷凍)</a>
にんにくがサケ・カラフトマスを魅了
<a href="http://www.otaru-houmura.com/misc/サケ・カラフトマス専用ウキ-『キャストフロート:シリーズ』">サケ・カラフトマス専用ウキ 『キャストフロート:シリーズ』</a>
サケ・カラフトマス:ウキフカセ釣り専用 ウキ、ウキ&仕掛セット、ワンタッチ取り替え針の3アイテムが新登場!!
<a href="http://www.otaru-houmura.com/bait/薄造り“カット”にんにく塩カツオ">薄造り“カット”にんにく塩カツオ</a>
薄造りシリーズが進化!使いやすいカットタイプ