〒047-0157 小樽市船浜町8番31号
TEL:0134-54-7979
FAX:0134-54-7980
ホーム

苫小牧 錦多峰川。河口規制前の最終日、サケ!ゲットしてきました。

8月31日(日)
この日は、苫小牧:錦多峰川 の、河口規制前の最終日。

到着は、前日の土曜日、午後10:00
人気の砂浜には、夜釣りアングラーが数十人。
翌朝早朝起きに備え、早めに就寝。

AM 2:00起床。
今回の同行者は、釣仲の森永君。
準備を整えポイントへ向かうと、砂浜には大勢の釣り人が待機。
あの混雑には、入っていけません。
ラインが絡むと、切らないとほどけないと聞いてるので、無理無理。
毎日のように、竿がぶつかって数人が竿を折ることもあると聞いては、もっと無理無理。

人気順で行けば、砂浜が一番。
二番は、川の流れだし方向の右側導流堤
三番は、左側の導流堤

迷わず、三番人気の左側導流堤へ。
正面左角が空いていた。
ここの導流堤であっても、右角が有利なため右から埋っていく。
今年はサケの数が多い年と聞いているので、可能性はあるでしょうと入釣。

明るくなるまで、二時間ほど近くの釣り人さんと釣り談義の後、
ウキルアーでキャストを開始。

遊動式のウキルアー仕掛けに
『 北海 爆 ルアー 45g:赤黒点』のルアー装着。
『薄造りカットえび粉塩〆カツオ』と、『カットにんにく赤イカ』のW掛け。

明るくなって見え始めた、遠くのサケの群れめがけ『北海 爆ルアー』をキャスト。
十分な飛距離をだし、群れの少し向こう側へ着水。

左側導流堤の第一匹目が私にヒット~~~!
中型のメスではあったが、綺麗な魚体のサケ!!
テトラ越しのタモ入れは一人では難しいため、森永君がタモ入れ。
まずは一匹目~確保~~!

続いて二匹目は、森永君にヒット~~!
これもメスのようだが、さっきの私のよりギラギラしたメス。
今度はお返しに、私が慎重にタモ入れ。
ウロコ~ボロボロ剥がれる銀銀のギラギラ。

この日のサケの数は相当数の数。
沖には大きな群れ。
河口正面でも背びれを出し右に左に移動を繰り返し、砂浜からキャストのルアーに、ヒットの様子が目の前。

私たちの前側にも、数分おきに群れが回遊してくるため、チャンスを逃さずキャスト。

運よく、私には4匹ヒットし、バラシは無し。
森永君は、1匹。

時間がたつにつれ、サケの食いが落ちてきたが、時折、近くの釣り人にヒット。

9月1日 からは、河口規制がかかり、ここのポイントでは釣りは出来なくなってしまいましたが、
サケ釣りの本格シーズンは、これからが本番。

太平洋はもちろん、オホーツクも好ポイントが多く魚体が良。
日本海も釣果の情報が入り始め、今年は釣り人にとって、サケの当たり年かもしれません。

準備を万全にして、皆さんも 好漁 を楽しみましょう!

このマップを表示するにはjavascriptが必要です。

にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ

前後に投稿された記事:

2014-08-31 (日)
8.31  (日)紋別港 鮭釣り 『釣れました!!』
2014-09-01 (月)
苫小牧 錦多峰川。河口規制前の最終日、サケ!ゲットしてきました。
2014-09-04 (木)
紋別鮭・カラフトマス釣り  9・4(木)
<a href="http://www.otaru-houmura.com/misc/do・sa・n・ko-北海-爆ルアー">DO・SA・N・KO 北海 爆ルアー</a>
遠投性重視の、サーモン専用設計!
<a href="http://www.otaru-houmura.com/bait/カットにんにく赤イカ(要冷凍)">カットにんにく赤イカ(要冷凍)</a>
にんにくがサケ・カラフトマスを魅了
<a href="http://www.otaru-houmura.com/bait/薄造り“カット”えび粉塩カツオ">薄造り“カット”えび粉塩カツオ</a>
薄造りシリーズが進化!使いやすいカットタイプ
<a href="http://www.otaru-houmura.com/bait/薄造り“カット”にんにく塩カツオ">薄造り“カット”にんにく塩カツオ</a>
薄造りシリーズが進化!使いやすいカットタイプ