〒047-0157 小樽市船浜町8番31号
TEL:0134-54-7979
FAX:0134-54-7980
ホーム

毎年恒例! カラフトマス狙いで稚内へ遠征し、釣り仲4人全員、カラフトマスをゲット~

 8月10日(土)、11日(日)。
 毎年恒例の釣り仲たちと、稚内へ遠征し、カラフトマス狙い。

 釣り場は、毎年同じ峰岡海岸。
 今回も同行者は、いつもの釣り仲4人組。
 水野氏、森永父、森永息子、私。 
 10日(土)は3時40分に起床し、準備を開始したが、すでに好ポイントには3名分のキャップライトの明かりが見え、多少の出遅れ。
 
 私たちは二手に分かれ、私と水野氏は河口右側で釣りを開始。森永親子は右奥の岬先端付近。
 早朝の1~2時間は魚影の確認が少なかったが、徐々に河口左側で釣果の確認が現れ、期待感が高まる。
 川水の流れ出しが左側へ出ていたため、カラフトマスが左側に溜まりだしたのです。

そんな中、私たちにも少しずつカラフトマスがヒット。
初日は、私が2本。
釣りスタイルはウキフカセ釣り。
ホウムラ:自立ウキ6号+ワンタッチ取り換え針赤をセットし、タナを50cmに設定し岸から数メートルのポイントへキャストすると、オスのカラフトマスがヒット。

方も良型で、66.0cm

顔つきはしっかりとしたオス。
体高もしっかりとあり、魚体もきれい。

エサは、8月20日発売の
新商品『悪魔黒エビ;にんにく黒』

今季初のカラフトマスは良型からスタート。

森永君は初日 4匹。

岬のポイントで1匹。
過去ポイントで3匹で、『薄造り塩〆カツオ』を使用したウキフカセ釣りと、ウキルアーの釣果。

水野さんは初日2匹。
『薄造り塩〆カツオ』で、ウキフカセ釣りでの釣果。

早朝から狙っていたが水野氏が釣れたのは9時過ぎ。
粘り勝ちできれいな良型をゲット。

出遅れた森永親子の父、哲雄さんはカツオとエビの合い掛けでカラフトマスをゲット

サイズは63.0cm

苦労してゲットのカラフトマスを持ち、ポーズ。

にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ

前後に投稿された記事:

2013-08-12 (月)
札幌手稲支部「海猿」第6回大会に参加
2013-08-12 (月)
毎年恒例! カラフトマス狙いで稚内へ遠征し、釣り仲4人全員、カラフトマスをゲット~
2013-08-14 (水)
紋別港 カラフトマス 休釣期間が明けて!!13日・14日/15日
<a href="http://www.otaru-houmura.com/bait/エビちゃんシリーズ『えび粉赤エビ』">エビちゃんシリーズ『えび粉赤エビ』</a>
サケの本能を喚起して喰い気を誘う!
<a href="http://www.otaru-houmura.com/bait/エビちゃんシリーズ『にんにく赤エビ』">エビちゃんシリーズ『にんにく赤エビ』</a>
サケの本能を喚起して喰い気を誘う!
<a href="http://www.otaru-houmura.com/bait/エビちゃんシリーズ『悪魔黒エビ』">エビちゃんシリーズ『悪魔黒エビ』</a>
テスト段階で爆釣!緊急発売決定!!
<a href="http://www.otaru-houmura.com/misc/サケ・カラフトマス専用ウキ-『キャストフロート:シリーズ』">サケ・カラフトマス専用ウキ 『キャストフロート:シリーズ』</a>
サケ・カラフトマス:ウキフカセ釣り専用 ウキ、ウキ&仕掛セット、ワンタッチ取り替え針の3アイテムが新登場!!
<a href="http://www.otaru-houmura.com/misc/サーモン-スケール">サーモン スケール</a>
メーターオーバーも計れるスケールで、大物サーモンを記念に残そう
<a href="http://www.otaru-houmura.com/bait/薄造り“カット”えび粉塩カツオ">薄造り“カット”えび粉塩カツオ</a>
薄造りシリーズが進化!使いやすいカットタイプ
<a href="http://www.otaru-houmura.com/bait/薄造り“カット”にんにく塩カツオ">薄造り“カット”にんにく塩カツオ</a>
薄造りシリーズが進化!使いやすいカットタイプ