〒047-0157 小樽市船浜町8番31号
TEL:0134-54-7979
FAX:0134-54-7980
ホーム

サケ祭! 継続中!!!

今年のオホーツクは、各漁港が絶好調!

毎週毎週、爆釣で、サケを本州の友達に送ると大喜び!!!
喜ばれるならば今週も行かなくては・・・

**************************************
土曜日からの3連休は、釣れすぎ注意報が家族から出ているため、私は日曜日から参戦。

釣り仲さん達は前乗り組みが多く、
水野氏、落合氏、植田氏、千葉氏、森永親子、などは土曜日から大爆釣中。

日曜日からは私を含め、佐藤氏、宮出氏、吉田さん、鈴木氏や下国氏が加わり、近隣の河合氏や黒木氏、梅本氏、武田氏などが大勢加わりお祭り開始。

港内思い思いのポイントへ散らばり釣行開始。

宮出氏は2匹を釣った後は余裕があるため港内を散策しカメラマンとなっていた

私は5時起床で参戦開始したが、開始早々から爆!!
まずは、ウキフカセ。
『遠投自立ウキ:6号』をチョイスし、
エサは『薄造りにんにく塩〆カツオ』『エビちゃん:にんにく赤エビ』のW掛けで、タナは2m前後。
時期的に、そろそろ『エビ』だけで挑むのは危険な時期だ。
エサ取りの〝ウグイ”も少なくなってきたしカツオに分がある場合も想定し、カツオとエビのW掛け。

釣友達もほぼ同じスタイルで出だしから爆釣。

毎度毎度鈴木氏は自信満々のポーズ

港内、いたるところで跳ねやモジリが頻発し遠投が必要ない初心者向きスタイル。
船と船の間でスペースは、車1台半位。
そこに釣り仲さん達が10人前後。
遠投をすると絡んでしまい、大変なことになってしまうが、ほとんど投げなくてもサケが釣れるため、トラブルなく全員が好釣。

私も十分に釣ったが、釣友達も同様の釣果。
私は午後はポイントを変えさらに、ウキルアースタイルで釣果を重ね○○本。
『北海 爆ルアー40gゴールドレッド』をタナ1.5mに設定し中投げ。
サケが跳ね、モジリがあるのに、タナが少し深いのは、色のいいサケを狙えるのと、メスが多く掛かること。

エサは、海水温が下がり始めるこの時期は、やはりカツオにいい反応が出て、
釣果を伸ばすことができた。

吉田さんは何匹釣ったのか?

非力な女性でも、遠投することなく釣れてしまい、技術の差は今回は必要なし。

武田氏は毎回の事だが良型のサケを持っても、小さく見える???

怪力の武田君もチョイ投げでゲットゲットのゲット。

森永親子は毎週釣れすぎて、麻痺麻痺。

真ん中の千葉氏は、太平洋を中心とした釣り人だが、オホーツクの爆釣で、心境変化が現れた。
毎年オホーツクへは2回程度しか来ないのに、今年はすでに・・・

こんなに釣れる年はめったにないと思いますよ!
チャンスはまだまだ続きそうで、ぜひ釣り人の皆さんにも、もっともっと釣っていただきたい

まだまだまだまだ・・・・・・・・
釣れ続けているオホーツクへは

これからも通いますよ・・

にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ

前後に投稿された記事:

2012-10-11 (木)
10月11日(木) 紋別 鮭釣り 
2012-10-11 (木)
サケ祭! 継続中!!!
2012-10-12 (金)
10月12日(金) 鮭釣り 堪能!!
<a href="http://www.otaru-houmura.com/misc/do・sa・n・ko-北海-爆ルアー">DO・SA・N・KO 北海 爆ルアー</a>
遠投性重視の、サーモン専用設計!
<a href="http://www.otaru-houmura.com/bait/エビちゃんシリーズ『にんにく赤エビ』">エビちゃんシリーズ『にんにく赤エビ』</a>
サケの本能を喚起して喰い気を誘う!
<a href="http://www.otaru-houmura.com/bait/エビちゃんシリーズ『悪魔黒エビ』">エビちゃんシリーズ『悪魔黒エビ』</a>
テスト段階で爆釣!緊急発売決定!!
<a href="http://www.otaru-houmura.com/misc/サケ・カラフトマス専用ウキ-『キャストフロート:シリーズ』">サケ・カラフトマス専用ウキ 『キャストフロート:シリーズ』</a>
サケ・カラフトマス:ウキフカセ釣り専用 ウキ、ウキ&仕掛セット、ワンタッチ取り替え針の3アイテムが新登場!!
<a href="http://www.otaru-houmura.com/bait/薄造り“カット”えび粉塩カツオ">薄造り“カット”えび粉塩カツオ</a>
薄造りシリーズが進化!使いやすいカットタイプ