〒047-0157 小樽市船浜町8番31号
TEL:0134-54-7979
FAX:0134-54-7980
ホーム

文化の日は、紋別で『サケ釣り』の日・・・?とりあえず2ゲット!

 毎週通っていた、オホーツクへ前回行けなかったため、予報は悪天候だったが、強行突破。
 しかし、予想外に天候が穏やかで、しっかりと2本をキープ!

 5時起床。
 まだまだ釣れているのに、段々と釣り人の数が減ってきているようでゆっくりと寝られるようになった。
 港内、目的のポイントへ向かうと、10人ほどがスタンバイをしていたが、空いているスペースに、佐々木テスター、森永大輔氏と共にスタンバイ。
 暗い中、時折ジャンプする光景が見えたため、期待満々。

 いつものようにウキフカセスタイルで準備を開始。
 オリジナルの6号ウキをセットし、ピンクのタコベイトが着いた18号の針には、今回も“エビちゃんシリーズ「えび粉赤エビ」”を付けてチャレンジ。
 さらに、シーズン終盤のため、えびでの反応が良くないときの対応にカツオも着け、
えび+カツオの両エサを着けアタリを待った。

・・・・・
・・・・・
・・・・・
魚が薄い?
6時半頃から、回りでポツポツ釣れ始めたが、爆爆ではない。

 知人が、2本ゲットした情報で、場所を少し移動。
 直後、隣同士で佐々木テスターと私が同時ヒット~~!!
 両サイドからタモが差し出され、共にネットイン。

 2人とも“エビちゃんは”欠かさず着けている。

 しばらくして、またまた私にヒット~~。
 海面からジャンプしたサケはシーズン終盤にしてはビカ銀の良物!
 慎重にタモ入れをしてもらい、2本目ゲット。
 (一瞬、3年連続の《メジカ》をキャッチできたかと思ったが、普通の銀ピカサケでした)
 
 数分後、今度は(塩〆カツオ+赤イカ)で攻めていた、大輔君に大物がヒット。
 オスザケのようでなかなか顔を出さないファイト振り。
 やっとの思いでネットインしたサケは、すぐにお帰り頂くBブナ?

 この時点で、佐々木テスターは仕事のため終了。ご苦労様でした。

 午後になり、大輔君と私は二手に分かれポイント捜索。

 私は、色々廻ったが、朝一の場所で再開することに。
 するとそこで、思わぬ人とばったり、遭遇。
 苫小牧の釣具店、『釣人苫小牧店』店長の吉川さんとばったり。
 知人夫婦と3人で来ていたようなので、隣に入れさせてもらった。
 
 午後になり、北風が吹き始めると寒さが一層増したが、全員が根性釣り。
 全員が、ウキフカセスタイル。
 そんな中、ご夫婦が連続でヒット。
 吉川さんもヒット。
 ご主人は計3本、奥さんは1本、吉川さんも1本ゲットしていたが、全員エビを使用していただいていたご様子だ。
 私は、北風さんに負け午後はノーヒット。
 大輔君は1本追加で合計2本。

 寒さに負けず挑みに行ったが、午後の北風に負け私は午前中の2本のみ。
 佐々木テスターが、1本。
 吉川さんが、1本。
 吉川さん知人ご夫婦が合計4本。
 大輔君が、2本。

 
 吟じます
 『まだまだ行けそうな↑気がする~~↑』・・・古い!!??

にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ

前後に投稿された記事:

2010-11-01 (月)
11月1日の小樽
2010-11-04 (木)
文化の日は、紋別で『サケ釣り』の日・・・?とりあえず2ゲット!
2010-11-07 (日)
~~11・7 紋別鮭釣り・・・嬉しい事が!!
<a href="http://www.otaru-houmura.com/bait/エビちゃんシリーズ『えび粉赤エビ』">エビちゃんシリーズ『えび粉赤エビ』</a>
サケの本能を喚起して喰い気を誘う!
<a href="http://www.otaru-houmura.com/bait/エビちゃんシリーズ『にんにく赤エビ』">エビちゃんシリーズ『にんにく赤エビ』</a>
サケの本能を喚起して喰い気を誘う!
<a href="http://www.otaru-houmura.com/bait/薄造りシリーズ:カツオ">薄造りシリーズ:カツオ</a>
サケ(カラフトマス)専用!お客様のご要望に応えた薄造りカツオ