〒047-0157 小樽市船浜町8番31号
TEL:0134-54-7979
FAX:0134-54-7980
ホーム

世界遺産でサケ釣りやってます。

釣行日: 2008-11-22 (土)
場所: 知床半島:羅臼
魚種: サケ・カラフトマス
釣り場: 磯情報
使用ホウムラ製品: いかベイト(要冷凍) | カットにんにく赤イカ(要冷凍) | 薄造りシリーズ:カツオ
その他の使用製品: ダイワ:ショットフロート

 3連休を利用し今シーズン最後の?サケ釣りは、世界遺産知床だ!
 積丹半島付け根の小樽から、知床半島太平洋側の羅臼まで500kmの長旅だ。
 21日(金)小樽を出たのはPM8:00。札幌在住の森永君にわざわざ向かえに来てもらい、広いワゴン車で知床を目指した。
 小樽から高速に乗り、旭川回りで比布JCTへ、そこから無料の高速を乗り継ぎ、丸瀬布で降りたが、まだまだこの先の方が長い。距離的には3分の2ほど過ぎたが、時間的にはまだ半分。
 知床横断道路が通行止めのため、斜里から標津方面へ向かい、太平洋を北上し、やっと羅臼に着いたのはAM3:00。数本の川を見て回り、眠りについたのはAM3:30。つかれた~~。
 22日(土)AM6:00起床。場所は知床羅臼、トッカリムイのオショロッコ川。外は雪で真っ白。寒くて車から外に出たくない。釣り人は誰もいない。
 若い森永君は早速準備をし、すでにキャストを開始。
 20分ほど車から見ていたが反応はない模様だ。
 私もせっかく来たのだからと、防寒着に着替え、竿はまだ持たずに森永くんのところへ。
 私:「どうだ大輔(森永)釣れそうか?」
森永:「ぜんぜん反応がありません」
   「だめかもしれないですね~~」
   「場所移動しま?しょ???キタキタキタ!!!」
 開始30分でオスのサケをゲット!
 私:「本当にこの時期でもサケ釣れるんだな~」
森永:「釣れると言ったじゃないですか~!」
 そう言いながらエサを付け替え、2匹目を狙って1投目。ウキがすぐに海中に入り2匹目をヒット。
 私はあわてて道具をとりに戻り、準備を整え第1投。そのときすでに大輔は3匹をゲット中。まだまだ釣れるからとオスのサケにはお帰りいただいており、余裕の状態だ。
 ほどなくして私にもサケがヒットし、オスのサケをゲット。1匹目なのでまずはキープ。
 風が強く時折吹雪く中でキャストをしているが、サケがいるのを確信しているのと初日と言う事もあり気合が入る。
 サケの跳ねやもじりは、まるで見えないのだが、回遊してくるサケはスレてなく、ヒットし始めると2人で3~4匹がゲットできる状態だ。
 現地で合流予定だったテスターの江連さんは、隣のルサ川でサケを2匹ゲットしたとの連絡が入り、その後合流。
 3人で攻めた初日の合計は、22匹と初日だけでも満足の行く釣行だ。
 沖には北方領土も見え景色もよく、魚はスレてなくよく釣れる。
 知床は最高だー!

このマップを表示するにはjavascriptが必要です。

にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ

前後に投稿された記事:

2008-11-21 (金)
美釣会納竿会
2008-11-22 (土)
世界遺産でサケ釣りやってます。
2008-11-24 (月)
道南銚子岬
<a href="http://www.otaru-houmura.com/bait/いかベイト(要冷凍)">いかベイト(要冷凍)</a>
持ち運び便利!新鮮パックで新登場!
<a href="http://www.otaru-houmura.com/bait/カットにんにく赤イカ(要冷凍)">カットにんにく赤イカ(要冷凍)</a>
にんにくがサケ・カラフトマスを魅了
<a href="http://www.otaru-houmura.com/bait/薄造りシリーズ:カツオ">薄造りシリーズ:カツオ</a>
サケ(カラフトマス)専用!お客様のご要望に応えた薄造りカツオ