編集のヒント

  • ウェブページアドレスとメールアドレスを自動的にリンクに変えます。
  • 使用できるHTMLタグ: <a> <em> <strong> <ul> <ol> <li> <span>

    このサイトではHTMLコンテンツが使用できます。すべてのHTMLを覚えるのは大変に思えるかもしれませんが、少数の最も基本的なHTMLタグの使い方を覚えるのはとても簡単です。この一覧表では、このサイトで使用できるタグの例を示しています。

    詳しい情報は、W3Cの HTML Specifications をご覧になるか、お好みの検索エンジンを使ってHTMLの説明をしている他のサイトを見つけてください。

    タグの説明入力内容表示結果
    アンカーは他のページへのリンクを作るのに使われます。<a href="http://www.glotal.com">GLOTAL.COM</a>GLOTAL.COM
    強調<em>強調</em>強調
    強い強調<strong>強い強調</strong>強い強調
    番号なし箇条書き - 項目の始まりには<li>を使います。<ul> <li>1番目の項目</li> <li>2番目の項目</li> </ul>
    • 1番目の項目
    • 2番目の項目
    番号付き箇条書き - 項目の始まりには<li>を使います。<ol> <li>1番目の項目</li> <li>2番目の項目</li> </ol>
    1. 1番目の項目
    2. 2番目の項目
    タグ span のヘルプは提供されていません。

    通常使われない文字であっても、殆どはそのまま入力して問題ありません。

    問題に遭遇した場合は、HTMLの文字エンティティの使用を試してみてください。例えば、 &amp; は、アンパサンド文字 & を表現します。すべてのエンティティの一覧はHTML仕様書のentitiesのページをご参照ください。利用可能な文字のうちのいくつかは次の通りです:

    文字の説明入力内容表示結果
    アンパサンド&amp;&
    大なり記号&gt;>
    小なり記号&lt;<
    引用符&quot;"
  • 改行と段落は自動認識されます。<br /> 改行、<p>段落、</p>段落終了タグ、が自動的に挿入されます。段落が認識されない場合は、空行を2つ追加してください。
  • メールアドレスにはアドレス収集ボット対策が施されます。