お問い合わせはこちらから
電話 (0134) 33-2201
FAX (0134) 33-2202

自己紹介

オーダーメイドのお米と
店主厳選おいしいワイン・本格焼酎
小樽の丸い遠藤商店です。

最新コメント

メディア掲載情報

雑誌「O.tone(オトン)」
雑誌「オトン」対談記事

対談企画「Talk, YES!農」に当店主が登場。
(クリックで記事をご覧いただけます)

ユーザログイン

ブログ「店主のおたる小旅行」

お米にもあった 「ビンテージもの」

倉庫には寿司店に依頼されて保管している21年産の玄米が数種類あります。

お寿司のタイプによって、粘り過ぎないブレンドのために前年度産のものをブレンドすることがあります。

つまんでまとまっているのに、口の中でほどける・・・

そんな微妙な粘り具合にこだわります。

でも、経時劣化の可能性もあるので、温度の低めな半地下の倉庫にいれてあります。
季節の変わり目には時々少量ずつ精米しては炊いて状態をみます。

ちょっと小春日和になった今日、ひとつを取り出して・・・

玄米はつやつやしています。21年産は抜群だったんです。さすがに持ちがちがいますね!

ワインではないですがまさに「ビンテージもの」 です。

炊いてみました。

家族にブラインドで味わってもらいました。

一様に 「おいしい!」「良いお米だね!」 とのこと。

へたをすると高温障害に悩まされた22年産より粒の立ちがいいかも~!

玄米は22年産よりきれいなくらいです!

見てください。ご飯の粒の照り、立ちぐあい!

ああ、おいしかったです。幸せな試験炊飯。

発表!! 北海道米で初の特A評価 

日本穀物検定協会による平成22年産のお米の食味ランキングが発表されました。

なんと特Aという最高評価のなかに「ななつぼし」が北海道米から初のオンリスト!!!

すごいですね~

励みになります。

ただし一口にななつぼしと言っても、生産者やそれぞれの田んぼの個性で味が結構違います。
そういった微差も比べてみると楽しいですよ。

玄米で並べてみると、見た目でも大きな違いがあることに驚きます!

玄米入荷、蘭越町の中山さん

当店でも人気の生産者、蘭越町の中山さんご夫妻が玄米を持ってきてくれました。

これは秋に入りきらずに預かってもらっていた分の一部です。
(ちなみにまだ10トン近くあります)

「小樽に行くよ~」と電話があったので、ついでに持ってきてもらいました。

そしてお土産はとても楽しみにしている蘭越町松原農園のワインです。
とくに2009は日照時間が足りなくて、収穫量も少なく貴重品です・・・。
いつもありがとうございます!!(感激)

中山さんの田んぼは蘭越町の中でも三和(みつわ)地区といって、尻別川から少しはなれ、
支流の沢に沿った扇状地のようなところにあります。

そのため尻別川沿いに上がってくる北からの海風の影響を受けず、昔から別格のらんこし米
がとれるところです。

私はここの「ほしのゆめ」が大好きです。
ほしのゆめは北海道でもすっかり人気がなくなった感がありますが、これを食べたら認識が
かわりますよ!

倉庫までは大雪でクルマが入らないため手で運びました。

ゆうべの大雪でこの冬も一段落だといいのですが・・・。
でも、雪が少ないと良いお米もとれませんしね・・。

大地を休めて命の水を蓄える。
やはり北海道人は雪とともに冬を生きるんですね。
本当に昔の人は偉いです。

生産者訪問 つづき

ドメーヌ・タカヒコさんの醸造所の看板がすてきでしたのでご紹介します。

今から12年前に訪れたブルゴーニュの、白髭のおじいさんが営む名もない小さなドメーヌを思い出しました。

ほんとうにすばらしい。

醸造所の入り口の看板です。
いいですね。
マークは良く見ると家紋のようですね。

またいつの日か、こういった篤い青年がひとり、またひとりと増えたら、

ここは東洋のブルゴーニュ、東洋のアルザスになっていくんだろうな・・・

そんな時がくるまで元気でいたいな・・・

などと雪におおわれたぶどう畑を見ながら思いました。

ワイン会の情報です!

ワイン会の情報です。
日付の順にご紹介いたします。

生産者訪問 ドメーヌ・タカヒコさん

おとなり町の余市町に最近大注目のワイナリーがあります。

昨日はそのワイナリーを訪問。

ドメーヌ・タカヒコ」さんといいます。

北国のぶどうとワインの可能性にかけた情熱は相当なもの。

すでに東京のミシュラン★★つきレストランなどにもオンリスト!という実績!

熟成途中の白をテイスティング・・・・

おお!
この立体的な香りはなんだ!
活き活きとしたフレッシュな酸、辛口に仕上げられた中に凝縮された果実味。

これからどのようなワインになっていくんでしょうね~楽しみ楽しみ!

四月からわたしのお店でも小ロットながら販売できることになりましたので
みなさんお楽しみに!!

店主のおたる小旅行

みなさまこんにちは。
いつもありがとうございます。

さて、お店のホームページにブログを開設いたします。

お米やワインのお話、後志小樽をはじめとする近郊の話題など日々の活動をとおして見つけたものを書きとめていきたいと思います。

今後ともよろしくお願いいたします。